歯科用CTについて***神田歯科クリニック

最先端装置による予測の診断から確信の診断へ!!

歯科用CT装置とは

X線断層撮影装置

コンピューターを駆使したデータ処理と画像再構成により、断層写真を得ることのできるX線断層撮影装置です。

医科のヘリカルCTに対して、コーンビームCTと呼ばれています。X線照射量が非常に少ない事が特徴です。

 

歯科用CTの有効性とは

立体的な三次元の情報で従来の二次元のX線写真では「見えなかった」ものが「見える」、「分からなかった」ものが「分かる」ようになり、多くの情報が得られます。精密で高度な診断が可能になりました。

インプラント治療では術前、術中、術後の撮影により、更に安全性が高まりました。

 


デジタルCTモード

 


インプラントCTモード

 

歯科用CTの用途とは

①智歯(親知らず)の抜歯の客観的診断と抜歯前の神経と血管との位置関係を知る術前診査

 

②歯周病による骨吸収の部位や吸収レベルの診査に用いて歯周病の進行度が正確に診断できます。
最善の治療計画をたてることができ、治療の予治性が高まります。

 

③根管治療への応用と根尖病変の確定診断に役立ちます。
歯根の病変の発見が、従来のレントゲンでは、気付かなかった初期の段階で診ることができ、早期治療につながります。

 

④安全なインプラント治療に利用できます。
インプラント手術の術前診査には、骨量・骨質・骨幅・骨の形態が重要な要素となります。
また神経や血管の下顎管までの距離及び上顎洞までの距離の測定も必ず見なければならないことです。
これらを、CTによって診断し、より安全に正確にインプラント計画と治療をすすめることができます。
そして治療後も、経過観察により治療の予後を確認することができます。

 

 

メインメニュー



神田歯科クリニック

高知市神田 地域一番のやさしい歯科・歯科医・歯医者さん---神田歯科クリニック

予約電話番号

歯科・小児歯科・口腔外科
780-8040 高知市神田818-1
TEL:088-831-2238
FAX:088-831-2278
院長:吉野隆憲

併設:歯周組織再構築
インプラント研究所