インプラント治療について***神田歯科クリニック

インプラントで食べる歓びを取り戻しませんか!

食は歓び!

 

歯を失った部位に今までは、ブリッジや義歯を入れて咬む機能を補ってきましたが、ブリッジでは隣の健全歯を削ったり、また、義歯では咬むと当たって痛いとかひっかけた歯が動いてくるとか不都合が生じていました。

それに代わる方法として考えられてきたのがインプラントです。

インプラントとは、粘膜(歯ぐき)の下の骨にドリルでホールをあけ、そこにフィクスチャー(歯を支える柱のようなもの)を埋め込み、人工の歯をつくる治療法です。その為にインプラントを行うに必要な条件は、植立部位にインプラントを支えるに十分な骨があることです。

ところが歯が抜けると咬む力が歯ぐきに伝わらない為に廃用性萎縮が生じ、骨の幅と高さが徐々にやせてきます。しかしインプラント植立にはフィクスチャーを支える十分な幅と高さを備えた骨が必要なのです。その為にインプラントを支えるに十分な骨がない場合には、次のようなオプションの手術が必要になります。

その診断のために、当院では、すべての患者様に、インプラント手術を安全におこなうため、10DRによるCT画像を解析して、予知性(先を見越した治療)と確実性の高い治療を求め続けています。

インプラント手術と症例

  • (1)歯槽骨の再生(GBR [Guided Bone Regeneration])
  • (2)上顎洞底へのアプローチ

・ソケットリフトテクニック

・サイナスリフトテクニック

  • (3)その他の症例

ご存知ですか?歯科医療の新潮流「インプラント・人工歯根」

歯科医療の新潮流「インプラント・人工歯根」について

インプラントとは、人工歯根療法とも呼ばれる治療法です。その名のとおり、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を装着することで、天然歯とほぼ同等の状態を回復する治療法といわれています。しかし、保険のきかない高額医療でもあり、一般への浸透はまだまだこれから。ここでは、「インプラント・人工歯根」についてご説明いたします。

「インプラント・人工歯根」特別講義

インプラントの概略とメリット

インプラント・人工歯根

インプラントとは、失われた歯のあとにフィクスチャーという人工歯根を埋め込み、骨と結合させることによってその上に冠物を装着させます。現在、国際的に広く認められているインプラントの学術名は「オッセオインテグレーテッド・インプラント」といわれるもので、「osseo」とは“骨”、「integration」とは結合を意味しています。

インプラントは生体との親和性の高いチタンによって作られていますが、1952年にスウェーデンのブローネマルク博士が微細血流の研究のため、ウサギの骨にチタン製のネジを埋めたところ、ネジが骨と結合して取れなくなったという偶然の発見から人工歯根への応用が開発されました。今では、骨内埋入部表面にアパタイトをコーティングしたフィクスチャーも開発され、早期に骨との結合が可能となっています。

これまで、不幸にして虫歯や歯周病、事故によってご自身の歯を失った場合の治療法(補綴治療)としては、取り外しの入れ歯やブリッジが一般的でした。
ブリッジは1〜3本の歯が抜けた場合に用いられるもので、健康保険の適用できる症例もあり、また治療期間が短いという利点もあります。しかし、ブリッジを製作するために前後の健康な歯を削らねばならないという大きなデメリットがあります。さらに、ブリッジを支えている歯に負担がかかり、寿命を縮めやすいといわれています。

また、取り外しの入れ歯もブリッジと同じく治療期間が短く、材料によっては健康保険が適用できるというメリットがありますが、取り外しの煩わしさがある上、動きやすく、歯肉に当たって痛みを覚えることもあります。他にも、硬い物が噛みにくい、すき間にものが入りやすい、味覚が落ちる、金属が見えて気になるなど多くのデメリットが存在します。
部分入れ歯にいたっては、入れ歯を支えるために残っている歯にバネをかけるため、支えている歯が徐々に弱くなり、やがて抜けてしまいます。最終的には総義歯(総入れ歯)になってしまうこともあります。

これらに対してインプラントは、それ自体が噛む力を支えるために残存歯に過剰な負担をかけることがなく、大切な自分の歯を守り、長持ちさせることができることから、非常に有効な治療法として注目を集めています。

インプラントの綿密な診査と計画治療の流れ

良好な治療結果を得るためには、インプラント治療が可能か否か口腔内だけではなく、血液検査を含めた綿密な診査と治療計画が必要です。第一は、体がインプラント手術に支障のないように健康なことです。しかし、高血圧や糖尿病などの疾病があっても内科的にコントロールされていれば問題なく行えます。そして咬み合わせをチェックして虫歯や歯周病があればインプラント治療に先行して治療の必要があります。さらに歯の欠損しているインプラント植立予定部の骨の状態を検査・診断します。最近では、パノラマ撮影だけではなく広くCT撮影による3次元的な画像解析診断が行われ、骨の密度や骨の立体的な構造などを確実に把握して、場合によってはMRI撮影で精査後に手術にとりかかる等、従来の経験に頼る治療ではなく安全に確実に予知性のある治療が行われるようになりました。これらの診査から得られた結果より治療計画を立案し、患者様が理解できる様に十分な説明が行われ、治療費の概算が明示された後に、患者様の確認と同意が得られて初めて治療は開始されるのです。

インプラントを埋入して、人工の歯を装着するまでの治療期間は諸条件により異なりますが、一般的にはインプラント埋入手術後、インプラントが骨と強固に結合するのを待つ免荷期間は上顎で6ヵ月、下顎で3ヵ月です。その後に型採りをして人工の歯を製作し、これを装着して仕上がります。最近では患者様から採血して生成したPRP(多血小板血漿)を用いて骨再生、骨造生、軟組織治癒の促進をはかり、更にインプラント表面の性状の改良により治療期間を短縮する傾向にあります。

人工の歯を装着した後は、自分の歯と同じ様に毎日の歯磨きが大切です。歯磨きが不十分な場合、プラークが付着し、歯周病と同じ症状のインプラント周囲炎が生じ動揺してくる場合があります。毎日の丁寧な歯磨きと定期健診を受け、専門医によるプラークコントロールをお薦めします 。

骨再構築による適応範囲の拡大

骨再構築による適応範囲の拡大

インプラント治療は、急速に進歩しています。
インプラントを埋入するには、十分な骨が必要です。骨幅が狭い例や高さが不十分な場合には、以前ではインプラント治療は不適応とされていましたが、現在では再生治療を応用することで埋入することが可能になっています。

歯が抜けると咬む力が歯肉に伝わらない為に廃用性萎縮が生じ、骨の幅や高さが徐々に減少してきます。上顎臼歯の場合、その直上に上顎洞(副鼻腔という空洞)がある為に、ほとんどの患者様で骨の厚みと高さが不足しています。

そうした場合、上顎洞底にアプローチする方法が2通りあります。1つはソケットリフトテクニックであり、もう1つがサイナスリフトテクニックです。ソケットリフトテクニックは、歯槽骨の高さの不足量が中等程度の場合、上顎洞底の骨壁をオステオトームという特殊な器具で骨折させ、上顎洞膜を押し上げて骨補填材を種々工夫して洞内に填塞し、インプラントを植立する方法です。サイナスリフトテクニックは、歯槽骨の高さが過度に不足している場合に、上顎洞を側方から窓開けして骨補填材を側方から填塞し、インプラント埋入に必要な骨量を確保する方法です。

※左図のような方法です。

この方法には骨補填材の填塞とインプラント植立を同時期に行う同時法と、これらをわけて行う段階法があり、人工歯の装着までの治療期間は、同時法で約6ヵ月、段階法で約10〜12ヵ月が目安です。

 

骨再構築について

骨再構築

インプラントを埋入するには、埋入予定部位の歯槽骨が垂直的にも側方的にも十分な骨量がなければなりません。その為に骨誘導(Guided Bone Regeneration 以下GBG)による骨再構築がなされています。
歯が抜けると、廃用性萎縮の為に骨はやせてきます。一般的に垂直方向や外側の歯槽骨がやせてきます。そうした場合、骨の再構築の手術が必要です。再構築にあたっては、骨補填材を使って、骨造成を行います。
上顎における垂直的な骨量の不足については、第3回にて触れましたが、水平的な骨量の不足がある場合にもこのGBRを用いて骨の再構築をはかり、インプラントが骨より露出しない様にします。
下顎の場合、垂直的に骨が足りない場合には、歯槽堤増大術(Vartical Ridge Aumentation)を行います。残存する骨幅と垂直的骨量によって同時法と段階法があります。冠物を装着するまでには同時法で約8〜10ヵ月、段階法で約10〜12ヵ月を要します。

左図のような方法です。
GBRを応用した垂直的歯槽堤増大術(段階法)

いずれにしても高度な知識と技術が要求されます。インプラントは治療が終わっても自分の歯と同じ様に毎日磨くことが大切です。インプラントはチタンですので虫歯にはなりませんが、プラークがたまって付着するとインプラント周囲炎になり周りの骨が吸収さsれることがあります。歯周病と同じ様になるのです。その為に日頃のプラークコントロールと定期的な健診をお薦めします。
歯科治療は、咬み合せを修復するだけではなく、全身的な病気の病状改善や予防に効果が認められています。歯周病の細菌が、誤嚥性肺炎を惹起したり、細菌性心内膜炎や動脈硬化症、更に糖尿病、低体重児出産に関っていることが判明しています。
専門医での定期的な受診により咬む歓びを取り戻し、楽しいライフスタイルを築かれることを心から願っています。

インプラント手術と症例

インプラント手術と症例のページへ

インプラントにかかわる治療費(概要)

インプラント手術 1歯   210,000円~(含むPRP治療)
GBR 1歯     52,500円~
ソケットリフト 1歯     52,500円~
サイナスリフト 1ケース   210,000円~

 

メインメニュー



神田歯科クリニック

高知市神田 地域一番のやさしい歯科・歯科医・歯医者さん---神田歯科クリニック

予約電話番号

歯科・小児歯科・口腔外科
780-8040 高知市神田818-1
TEL:088-831-2238
FAX:088-831-2278
院長:吉野隆憲

併設:歯周組織再構築
インプラント研究所